メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

軽自動車保有税上げ 平均数千円、15年10月までに 政府・与党方針

政界往来  公開日時:2013-12-19

 

 政府・与党は4日、軽自動車の所有者が年に1回、納める軽自動車税(660cc以下、保有税)を引き上げる方針を固めた。2015年10月に予定する消費税の10%への引き上げまでに実施する。軽自動車税は1000cc以下の小型登録車の約4分の1(7200円)と安く、不公平だとの指摘があった。上げ幅は燃費性能などで変え、平均で数千円程度とする。一方で税負担の格差縮小のため、小型登録車の税額(2万9500円)の引き下げも検討する。

 軽自動車の増税は政府が検討してきたが、自動車業界などが強く反発していた。与党内でも、自民党の地方選出議員や公明党を中心に慎重論が強いが、小型登録車との不公平な状態を放置できないと判断した。12月中旬に与党がまとめる14年度の税制改正大綱に盛り込む。

 自動車課税では、消費増税による販売減を抑えるため、購入時に納める自動車取得税を消費税を8%に上げる来年4月に一… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線