メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

みずほ銀行を巡るもうひとつの闇

編集部  公開日時:2013-11-21

 

点と点が1本の線につながる「人脈図」

 みずほ銀行の“暴力団融資問題”は、その後大きな波紋を広げているが、みずほ銀行にはもうひとつの闇がある。そこでは前回報じた税理士、藤沢一族が登場する。


 グループ企業の「オリエントコーポレーション」(オリコ)を通した暴力関係者への融資問題で揺れるみずほ銀行。

 みずほ銀行では、みずほ本体でも同様の融資があることをにおわした。そんな折、前号で東京麹町に事務所を構えるH税理士事務所に、警視庁組泰対4課の家宅捜査が入ったと報じたが、その後の取材で、それはなかったという。

 それはともかく、このH税理士は、JR西荻窪駅付近に広大な土地を保有する資産家の“藤沢一族”の資産を管理、運用している税理士であることにも触れた。

 またH税理士は、第一勧銀時代からみずほ銀行とは深く、
「藤沢氏が資産を預けている銀行がみずほ。つまりH税理… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線