メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

追及第2弾 いま暴かれる長野県南佐久郡「川上村」藤原忠彦村長の封印された事件

編集部  公開日時:2013-11-21

 

“被害者”信濃建設元社長が事件の裏をすべてを証言する

 前回報じた長野県南佐久郡「川上村」藤原忠彦村長(全国町村会会長)の“封印された事件”。その当事者である信濃建設の元社長・杉山衛氏が、事件の裏に隠された“事実”のすべてを暴露した――。


 核心に入る前に、この問題で川上村の藤原村長に再三、電話で取材を申し込んだが、同村長は全国町村会会長の重鎮でもあり、出張が多く多忙を極め、本人とは話はできなかった。
 ただ窓口となった総務課長のN氏から、
「その旨を村長に伝えたところ『なにしろ古い話で、あいまいな発言しかできなく責任は持てない。それで、その件をもっとも知っている高橋氏に取材した方がいいのでは』と言ってました」
 という丁寧な回答があったことを付記しておく。
 なお、ここに出てきた高橋氏とは、前回ふれた同村で「川上ゴルフ倶楽部」を経営している高橋博之氏だ。
 いず… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線