メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

楽天・三木谷 注目される豊富な資金の行方

政界往来  公開日時:2013-12-01

 

 楽天の三木谷浩史会長兼社長が、いよいよ本気で「政界工作」に動きだした。
 三木谷氏は6日、都内で会見し、政府の産業競争力会議の民間議員を辞任することを表明。厚労省が臨時国会で一部市販薬のネット販売を制限する法律案を提出するが、これに対する抗議である。
 会見で「法案が成立した場合は司法の場で争う」と意気軒高な様子を見せた三木谷氏は、8日に自民党の高市早苗政調会長に面会を申し込み、11日午後1時に党本部で会うことを決めていた。戦闘開始である。

 ところが三木谷氏の父・良一氏が9日に死去。11日には神戸で告別式が開かれたため、高市氏との面会は国重惇史楽天副社長が代行することになった。結果的に、三木谷氏との「直接対決」が避けられた形だが、自民党側は戦々恐々だった。というのも、9月に最高裁大法廷が非嫡出子の法定相続分を、嫡出子の半分とする民法の規定に対して、違憲判決を出したばかりだから… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線