メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「大物」ケネディ新大使 オバマ、ケリー氏と強い絆

政界往来  公開日時:2013-11-17

 

 キャロライン・ケネディ新駐日米大使(55)が15日午後、成田空港に到着した。空港内で記者団に「父は日本を訪れる初の米国大統領になることを望んでいた。日米両国の緊密な関係の強化に取り組めることは私にとって名誉なことだ」と語った。ケネディ氏は19日、天皇陛下に信任状を奉呈し、20日に安倍晋三首相と会談する。

 ケネディ氏は1963年に暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領の長女で、外交に携わった経験はないが、米政界では高い知名度と幅広い人脈がある。2008年の大統領選予備選で、民主党のオバマ大統領とクリントン前国務長官が候補を争った際、ケネディ氏は1月末にオバマ氏支持を表明し、遊説にも参加した。民主党リベラル派の間で「ケネディ」の名前は無視できない強い影響力があり、クリントン氏には痛手となった。

 08年の大統領選で集会に参加した時は、オバマ氏の隣に座ることが多かった。外交の世界で… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線