メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

中韓泥仕合、ACL決勝「アジアの恥」…イチャモンつける韓国、レーザー照射で報復する中国の“低次元”

往来2  公開日時:2013-12-01

 

 やっぱり、「中韓サッカー泥仕合バトル」の第2章が幕を開けていた-。9日に広州恒大のホームで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦のことだ。

また始まった韓国の挑発

 試合は1-1で引き分けて2戦合計3-3となったが、元イタリア代表監督の名将、マルチェロ・リッピ氏率いる広州恒大がアウェーゴール数で韓国のFCソウルを上回り、中国チーム初のアジア王者となった。しかし、両チームのサポーターやメディアを巻き込んだ容赦のないけなし合いが繰り広げられ、なんとも後味の悪い結末となった。

 そもそもはFCソウルのホームで行われた先月26日の第1戦の前から練習場の準備をめぐってバトルが勃発していたが、第2戦ではそれがヒートアップ。中国の情報ニュースサイト「レコード・チャイナ」は「また始まった韓国の挑発、『選手は改築中の部屋に泊まらされた』」と題し、韓国メディアの「spor… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線