メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

当事者能力ゼロ、もはや時間の問題 そのとき何が起きるのか東電破綻

政界往来  公開日時:2013-12-01

 

メガバンクが貸した2.1兆円はパー、4.4兆円社債も紙クズに

東京電力は瀕死の巨象だ。延命装置を外せば、巨象は倒れる。それは原子力ムラの無責任体質に切り込む改革の始まりか、日本経済を奈落に落とす劇薬か。ゲームセットの笛が、まもなく吹かれる。

覚悟を決める時が来た

止まらない汚染水漏れ、遅々として進まない除染、混乱続きの賠償問題……。かつて「財界の王」として君臨していた存在感は見る影もなく、東京電力が末期的な“機能不全”にもがき苦しんでいる。

国が1兆円の“カンフル剤”を注入して東電を実質国有化してから、もうすぐ1年3ヵ月が過ぎようとしている。しかし、事態がなんら好転せず、むしろ悪化するばかりなのは、汚染水問題への杜撰な対応の数々を見ても明らかである。

傷だらけの東電に、同情する向きはもういない。いますぐ破綻処理せよと、東電に最後通牒を突きつける声は日増しに大き… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線