メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

融資詐欺に粉飾も「ベンチャーの旗手」の“化けの皮”

政界往来  公開日時:2013-11-16

 

28歳CEOはマイバッハを駆り、みずほ銀を欺いた

 「これからは太陽光、絶対来るから」。長い前髪を左右になでつけたホスト風の男の肩書は太陽光発電システム販売会社の代表取締役CEO。創業4年あまりで業界のトップにのし上がり、「ベンチャーの旗手」と評された。だが、その驚異的な業績は虚飾にまみれていたことが大阪府警の捜査で明らかになる。みずほ銀行から約2億円の融資金をだまし取ったとして10月に逮捕され、決算の粉飾も判明。市場の信用を失った会社は経営危機に陥った。超高級車の「マイバッハ」を駆り、夜ごと美女と豪遊した酒とバラ色の日々は、もう帰らない。

「4億→135億円」…セレブ経営者

 ビジネスマンが行き交う大阪市中央区のオフィス街。その一角にそびえる54階建てのタワーマンションが、秋田新太郎被告(28)=詐欺罪で起訴=の生活拠点だった。高層階の分譲価格は1億円を超え、賃貸なら月… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線