メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

アップル、日本が思わぬ「金鉱」に

政界往来  公開日時:2013-11-30

 

 米アップル は思わぬ場所で金鉱を掘り当てた。日本だ。

 過去2年間で、日本はアップルにとって最も急成長を遂げる地域に浮上した。その成長ペースは本国の米国や好況に沸く大中華圏、アジアのその他地域を大きく上回っている。日本はアップルが最大の利益率を収めている市場であり、2013年9月期に営業利益が拡大した5地域のうちの1つだ。

 たいていの企業が日本を成長市場とみなさないことを踏まえると、これは予想外だ。日本は20年にわたり景気低迷にあえぎ、人口減少や高齢化問題にも直面している。さらに、家電に強い日本企業が海外同業を数十年にわたり抑えてきた。

 宣伝への重点投資や通信会社の気前のよい販売奨励金を追い風に、スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」がアップルの日本での成功の推進力となった。日本の消費者がかつてルイヴィトンのバッグやバーバリーのマフラーに殺到したように、i… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線