メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

失敗しない住宅ローン利用術 「頭金は3割用意」の常識は非常識?

政界往来  公開日時:2013-11-15

 

住宅ローンアドバイザー・淡河範明

 住宅ローンを借り入れするときの「頭金」という言葉は、正確にわかっているようで曖昧な感じがする人が多いようです。ネットで検索すると、「物件価格のうち住宅購入希望者が現金で用意する資金を指す」という感じの解説がつきますが、別のサイトでは「自己資金」にも同じような解説がついていました。

■自己資金と頭金は違う

 問題はもう一つあります。上記の「物件価格」の範囲です。銀行のホームページ(HP)上の記載内容を見ると、物件価格には諸費用が含まれないと想定されるものがいくつもあります。ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅ローンの指南サイトでは、「頭金3割には諸費用分1割を含む」等の記載があります。

 本稿では、自己資金はその字句の通り「自己が所有する資金」を指し、頭金は「物件価格の一部と諸費用を含む」と定義したいと思います。式で表すと次… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線