メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

LINEが攻め込む海外市場、中国アプリと「体力勝負」

政界往来  公開日時:2013-11-15

 

スマートフォン(多機能携帯電話)などで人気を集める無料メッセージ・通話アプリ。アジアでは中国の「WeChat」と日本の「LINE」が2強だが、両サービスが海外でのシェア獲得を目指して大規模なマーケティング戦略に乗り出している。

他のメッセージアプリを含むアプリ業界全般がマーケティングにほとんど投資しないことを考えると、2社の戦略は突出した動きと言える。米国の競合サービス「WhatsApp」は広告宣伝費を極力抑え、口コミを通じて欧米で最も人気のあるチャットアプリとなった。

これに対し、中国・騰訊HD(テンセント・ホールディングス)のWeChatは今年、海外でのマーケティングに最大2億ドル(約196億円)を費やす。テレビCMにはサッカーのスペイン1部、FCバルセロナのスター選手、リオネル・メッシも起用した。韓国ネイバー・コープ傘下のLINEは、マーケティング費用の具体的数字につい… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線