メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

与党、情報公開鈍く 特定秘密保護法案「知る権利」軽視

政界往来  公開日時:2013-11-01

 

 特定秘密保護法案を今国会で成立させたい安倍政権は、条文に「知る権利」への配慮を盛り込むなど、国民の懸念や反発を和らげようと必死だが、情報公開に後ろ向きだ。近く始まる国会論戦では情報公開のあり方も焦点になるとみられるが、政府だけでなく、与党の動きも鈍い。 (生島章弘)

 民主党は二十五日、特定秘密の恣意(しい)的な拡大を防ぐため、裁判所が非開示文書の中身を直接確認し、指定の妥当性を判断できるようにする情報公開法改正案を国会へ提出した。

 特定秘密保護法案では、行政文書が「特定秘密」に当たるかどうかは、閣僚ら行政機関の長の一存で決まる。国会や裁判所が求めても政府に提供する義務はなく、第三者が客観的にチェックする体制が整っていないため、恣意的な指定が横行する懸念が根強い。

 そこで、民主党は情報公開法改正案の柱に、今は規定がない裁判所の「インカメラ審理」導入を盛り込んだ。「特… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線