メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

暴力団への融資が発覚したみずほ銀行の闇

編集部  公開日時:2013-10-20

 

時期的に符合する約2年前に同様の構図の“事件”

 みずほ銀行による暴力団への2億円にものぼる融資が明るみになった。16年前、前身の第一勧業銀行が総会屋の利益供与が摘発されて以来の“裏社会”がらみの事件だ。
 同行ではまったく反省も改善も無かったことを露呈した形だが、約2年前に同行を巡る同じような構図の話があった。
 そして、その時のキーパーソンと目された税理士の事務所に、このたび警視庁の家宅捜索が入ったという。


 みずほ銀行による暴力団組員へのローン問題が波紋を広げている。グループの信販会社のオリエントコーポレーション(オリコ)を通じた問題の融資は、200件以上、総額で2億円を超えるという。

 みずほのトップが、その存在を把握しながら、2年以上も放置していたのである。それが発覚してのみずほ銀行の釈明は二転三転、まったくあきれるほかない。
 そんななか、幣サイトに… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線