メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

政治家が信用されない理由 (其の一つに国民と「痛み」を共有しない)

政界往来  公開日時:2013-10-31

 

先日 英国の政治学者の講演を聴きに行ったら、興味深い内容だったので本を取り寄せました。

サウサンプトン大学のジェリー・ストーカー教授による「政治をあきらめない理由」という本です。読み始めたばかりですが、序章がおもしろいです。

世界68か国の5万人を対象にした調査によれば、政治家を信用すると答えた人が13%だそうです。

日本だけでなく、世界中で政治家は信用されず、政治への信頼や政府への信頼は低いようです。政治不信は、ほぼ世界共通の現象のようです。

世界中で嫌われる職業に就いてしまったことに、今さらながら気付かされてしまいました。

同教授は「政治には失望が必ずつきもの」と言い、その理由を次のように述べます。

--------------------------------------------
政治という営みは、多面的で複雑な社会において、みんなそれぞれ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線