メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

中国人5億人の寿命を5〜6年縮めた「PM2・5」再び深刻化、日本にやってくるのも時間の問題

政界往来  公開日時:2013-10-17

 

 今春、大気汚染の原因となる微小粒子状物質「PM2・5」の拡散が各国に影響を及ぼした中国で10月、再び大気汚染が深刻な汚染レベルに達した。PM2・5は石炭の燃焼で発生する粉塵(ふんじん)が主因とされるが、米国や中国などの研究者による調査団が今年7月、石炭禍で中国北部だけで25億年分の人の命を奪ったとの報告書を発表した。大気汚染に国境はない。10月の大気汚染では、日本の自治体も再び測定値の推移を注視したという。

中国公表の「深刻な汚染」を信用しない各国

 建国記念の日にあたる「国慶節」に伴う長期休暇中の10月6日、北京市の大気汚染状況は市内全域で最も重い「深刻な汚染」に達した。

 6日午前8時で同市内で、同市当局が定める6段階で最悪の数値を記録。当局は、市民に外出を控えるよう警報を出し、北京国際空港では視界不良のため一部航空便の発着を取りやめるなどした。

 影響は多方… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線