メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

10年前には考えられなかった日航のエアバス機購入

政界往来  公開日時:2013-10-30

 

それは10年前だったならば考えられない光景だった。欧州航空機大手エアバスの最高経営責任者(CEO)がきらびやかなホテルの会場で日本航空の社長と握手し、一緒に日航の鶴のマークを付けた大型旅客機「A350」の模型を掲げた。

 しかしこの記者会見の真の重要性は、過去50年間ずっと日航の長距離旅客機の発注先だった米ボーイングを蚊帳の外に置いたことだ。ボーイングの金融子会社ボーイング・キャピタルの資本市場・リース部門のマネジング・ディレクターであるコストヤ・ゾロツキー氏は、「我々は日航と長年にわたって関係を築いてきただけに、胸が張り裂けるような思いだ」と語る。

 7日のニューヨーク証券取引所では、ボーイング株は0.51ドル安の116.69ドルで終わり、一方エアバスの親会社である欧州航空宇宙・防衛大手EADS株は同日のパリ証券取引所で2.2%高の50.30ユーロで引けた。

 日航のエ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線