メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

嘘のリークで大本営発表を垂れ流す大新聞の「国民裏切り史」

政界往来  公開日時:2013-10-30

 

 1位「NHK」、2位「新聞」。これは昨年行なわれた公益財団法人新聞通信調査会の世論調査で、「情報の信頼度」を尋ねた結果である。調査開始以来5年間、順位に変動はない。“信頼されている”大メディアは、そうした期待に応えているとは言い難い。誤報がそれと知られないまま放置されているケースが多いからだ。

 大新聞の誤報で見逃してはならないのは、“大本営発表”を垂れ流すなどして世論をミスリードする「(未必の)故意の誤報」である。本誌も詳細に検証した一連の「小沢問題」報道や、PC遠隔操作ウイルス事件報道などは、捜査当局が発表・リークした情報をベースに“犯人”を決めつけて報道していた極めて悪質な例だ。

〈公判で証言する水谷建設元社長が、04年10月15日に石川(知裕=編集部註)議員に5千万円を渡した時の状況について、捜査段階で特捜部に語ったとされる内容がわかった〉

(朝日新聞11年2月… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線