メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

“震災助成金詐欺”で社長が逮捕された「東北医療器械」

編集部  公開日時:2013-10-02

 

悪質にも社名を変えて営業継続

 東北地区では有力企業である仙台市に本社を置く会社が、震災助成金を騙し取っていたとして、経営者らが逮捕された。被災地にある企業ながら、緊急雇用安定助成制度を悪用した極めて悪質な詐欺事件だ。ところが、この会社は社名を変えて、逮捕された社長の親族をトップにして、事件以前と同じ体制で営業を続けている。


 仙台市に本社を置く「東北医療器械」という会社がある。

 同社はマッサージチェアの販売会社として誕生し、1999年にエステ事業に参入。東北地方を中心に、地域1番の旅館やホテルにエステシャンを派遣し、業績と信用を伸ばしてきた。

 売上げは不況にもかかわらず、順調に伸びており12年1月期には、33億円の売上げを計上した東北地区の有力企業だ。

 8月上旬、この「東北医療器械」の木村かほる社長と小西玲子取締役が、震災助成金を騙し取っていた詐欺… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線