メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

“ブラック企業”を監督・指導へ

編集部  公開日時:2013-09-24

 

ワタミだけではない該当企業4000社

 ブラック企業といえば、渡辺美樹参議の「ワタミ」が糾弾されているが、先の参院選で渡辺氏が苦戦(ビリから2番目)を強いられたのは、この“ブラック問題”だった。このブラック問題に対して、厚労省もようやく重い腰を持ち上げた。


 7、8月猛暑が続くなかでも、就活に忙しい大学生は各地で開催される就活セミナー参加に飛び回っていた。そんな就活学生が必ずバッグに忍ばせていたのが「ブラック企業」の見分け方などを説いた案内書だ、という。
 ブラック企業というのには、定義がないものの、サービス残業など長時間労働を強いたり、パワハラなど劣悪・苛酷な労働環境のなかで、社員やパート従業員をうつ病や過労死に追いやる。離職率が高く労働組合も認めない――一般的にこんな企業を指す。
 勢い、就活の学生にとってはブラック企業には敏感だ。
 ブラック企業といえば、総帥・… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線