メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

中東が見つめる日本人の心

政界往来  公開日時:2013-09-30

 

 さる6月、アラブ諸国で最も若い国家元首になったカタールのタミム首長(33)のモットーは「日本に学べ」なのだという。

 「どこか好きな国を見てこい」。首長は10年前、皇太子になったとき、こう勧められ、選んだ国が中国だった。

 だが、目にした光景はこうだった。地下鉄に人々はわれさきに突き進む。子供がゴミを街中にぽんぽんと捨てる…。落胆と幻滅を強めたことは想像に難くない。

 次に足を運んだのは日本だった。新幹線に整然と乗り込む乗客たち。ゴミ一つない東京ディズニーランド…。いかに鮮烈な印象だったか、を首長は8月末にカタールを訪れた安倍晋三首相に披露したのだろう。首相は記者会見で、その訪日に触れ、「秩序とマナーの素晴らしさに感銘を受けたとのことである」と紹介したほどだ。

 皇太子時代の2009年5月には公式実務訪問賓客として来日し、天皇陛下にこう伝えた。

 「カタール… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線