メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

A・ロドリゲスを動かすジーターへの嫉妬心 米紙ヤンキース番記者寄稿

往来2  公開日時:2013-09-30

 

 若くて、運動能力抜群だった全盛期、アレックス・ロドリゲスは史上最も素晴らしい野球選手だった。パワーもあり、打率も良かった。遊撃の守備も飛び抜けていて、走塁もいい。フィールドで起きていることはすべて理解できる頭脳もあった。

■フィールド外でもスター

 フィールド外でも、もちろん彼はスターだった。ハンサムだし、チャーミングでお金持ち。人生は、ロドリゲスにとってほぼ完璧だった。たった一つのことを除いては。

 彼はほかの人の人生が欲しかった。

 デレク・ジーターの人生を。

 ロドリゲスとジーターは才能あふれる若手だったころ、友人になった。ロドリゲスはシアトル・マリナーズ、ジーターはニューヨーク・ヤンキース。ともに素晴らしい遊撃手で、遊撃手のあり方を変えた選手たちだ。カル・リプケンのように2人とも攻撃的な遊撃手だ。リプケンが登場するまではこういうタイプの遊撃手は皆無に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線