メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

世界第4位のグラクソ 中国賄賂487億円 政府筋や医師へ

政界往来  公開日時:2013-09-17

 

医薬品の開発費は膨大だが、売れれば売れるほど開発負担費も製造コストも低くなり、大きな利益をもたらす。しかし、医薬品メーカー世界第4位のグラクソ・スミスクラインは中国で、急成長する中国経済のなか、販売価格を他国に比べ大幅に引き上げて販売していたことが中国当局の検査で判明。それを実現可能していたのは、30億元(487億円/16.25円)に上る賄賂であったと中国で報道されている。

賄賂は、政府関係者や医薬品当局、医師など病院関係者にばら撒かれ、川上から川下まで徹底した賄賂攻勢であった。政府や当局に対しては、高い価格で販売することを認可させ、病院などでは、医師に対して賄賂をばら撒き、同社製医薬品を優先的に使用させ、高くなった医薬品をより多くの病院で医師たちに使用させるという方法がとられていた。

巨額賄賂事件を引き起こしたグラクソの中国法人であるグラクソ中国の関係者は、「業界の平均伸び率… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線