メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

橘田と「鹿島建設」「東急不動産」の蜜月関係に徐々に亀裂が生じる

編集部  公開日時:2013-08-26

 

再び動き出した“伝説の地面師”橘田幸俊【11】

 橘田幸俊と親密な関係にある鹿島建設および東急不動産。その関係が少なからず崩れてきたという。それぞれの社内で、橘田との“付き合い”に批判の声が広がっているからだ。

 橘田幸俊の広島市の“牙城”太光寺――。
 別稿述べたとおり、同寺の増改築工事はスーパーゼネコンの鹿島建設中国支店が請負った。
 だが太光寺では、その代金はいまだ支払っていないという。この問題に関して、ある関係者からこんな証言を得た。
「太光寺が鹿島に支払う工事代金は、霊園の売上げが月単位か年額なのか、とにかく1000万円を超えると、1000万円は霊園の運営資金とし、1000万円をオーバーした分を、鹿島が差し押さえることになっているようです」
 太光寺では“太陽と森と水の霊園”と銘打って、数年前から霊園を販売している。
 太光寺は、その霊園が売れたら1部を工事… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線