メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

みんなの党は喜美党? 旗揚げから4年

政界往来  公開日時:2013-08-31

 

 みんなの党のお家騒動は渡辺喜美代表が江田憲司幹事長を更迭する強権人事で、一時的に収束したようにみえる。だが、政局的な動きがあれば再び内紛は再燃し、解党騒ぎに発展しかねない「時限爆弾」を抱えた一触即発の党内情勢に変わりはない。

 「自民党は官僚依存、民主党は労組依存、真に改革できるのが我々だ。政界再編のための起爆剤だ」

 4年前の平成21年8月8日、「大安」「末広がり」と縁起を良い日を選んでみんなの党は旗揚げした。渡辺氏は結党の記者会見で意気軒昂にこう訴え、「国家公務員10万人削減」などを明記したアジェンダ(政権公約)を発表した。

 参加した国会議員は当時、渡辺、江田両氏のほか、浅尾慶一郎参院議員、広津素子、山内康一両衆院議員。衆院選で小選挙区と比例代表の重複立候補などが可能になる所属国会議員5人の要件をギリギリ満たしての船出だった。小規模ながら一致団結して今の政治を変え… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線