メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

京都のある有名な神宮の境内に“土産物センター”建設を巡る2億円騒動

編集部  公開日時:2013-08-11

 

問題は2億円の出所、背後に金融業者「キンキ・キャッシュ」山本秀雄の影

 周知のとおり、京都には有名な寺院・仏閣が散在している。その神宮は京都市左京区に鎮座している。
 その広大なる境内の1部を利用して、京都の土産物・特産品を販売する建物を建設する計画が持ち上がったのである。
 その窓口になったのが同神宮と関係が深い一般財団法人。この財団に、その権利の1部を取得すべく2億円の現金を権利金として、同財団に渡した会社がある。が、この2億円が“問題”を引きずっている。


京都市左京区に「京都平安振興財団」という一般財団法人(以下、財団)がある。同財団は、ある有名な神宮の境内地を活用してイベントなどを開催して、京都の観光振興に務めている。
 その一環として、同財団は境内地において京都の土産・特産品を販売する“土産物センター”とも言うべく建物を建設する計画を打ち出した。
 これ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線