メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

ベゾス氏がアマゾン創業者としてWポスト紙に貢献できること

政界往来  公開日時:2013-08-31

 

 ジェフ・ベゾス氏は米紙ワシントン・ポストのオーナーとして、再建必至の新聞業界で赤字経営の媒体を好転させる機会を持つことになる。

 ポスト紙の買収はベゾス氏個人として行ったものだが、メディア業界の専門家の多くは楽観的だ。米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムの創業者である同氏なら、アマゾンを有力企業へと変貌させたソフトウエア開発やデータ収集、電子商取引分野に与えた影響力とその忍耐強い投資理念をポスト紙にも応用できるとの期待からだ。

 新聞コンサルタントのアラン・マッター氏は、必要なのは「読者の獲得、各顧客のニーズに合った製品・サービスの提供、そしてもちろん収益化だ」と指摘した上で、これら3つはジェフ・ベゾス氏とアマゾンが開発してきた中核能力だと述べた。さらに「スマートフォンで各個人とやり取りをすればするほど、その人たちの反応を評価することができるようになる。各個人について知れば… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線