メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

大リーグ 異例の処分なぜ?

往来2  公開日時:2013-08-16

 

8月5日、大リーグ機構は、ヤンキースのスター選手、アレックス・ロドリゲス選手など13人について「禁止薬物を使用していた」として出場停止の処分にしたと発表しました。
通常、ドーピング違反は、尿検査や血液検査の結果によって判断し、処分が下されます。
しかし、今回の大リーグ機構による処分は、こうした生化学的な方法ではなく、「状況証拠」を積み上げたうえでの異例の処分でした。
アメリカ総局原口秀一郎記者が解説します。

状況証拠で処分?
大リーグ機構は、この1月、「マイアミのクリニックが大リーグの複数の有名選手たちに薬物を提供していた」と、疑惑が報じられたことをきっかけに独自の調査を始めました。

調査は「薬物を提供した側」のクリニックの所長の協力を取り付け、所長の記録や関係者の証言など「状況証拠」を集める形で行われました。
その結果として、大リーグ機構は、5日、「禁止薬物を使用し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線