メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行」〜第一部 夜明け前(70)     【北山 譲】

往来2  公開日時:2013-09-29

 

クーデター未遂事件(2)

 谷本が首都圏本部長に就任して2年近くなり、役員改選の時期が近づいてきた。
 植木頭取は、当初谷本を1期だけ首都圏本部長にして退任させる予定であった。しかし笹川常務によると、
 「谷本専務と何度も一緒に飲んだが、植木頭取のことを決して悪いようには言わなかったし、むしろ植木頭取を裏方で支える首都圏本部長としての任務を果たしていきたい」 
 と語っていたと伝えられたことや、取締役会議における谷本は、是々非々の立場から自分の考えを持って発言していることなども考慮して、谷本の任期をもう1期2年延長する方針を固めた。当初谷本退任で組んでいた人事案を修正し、谷本続投の役員人事案を作成するように笹川に指示した。

 1991年の3月中旬、笹川常務と役員人事案の最終調整の打ち合わせをすることになった。まず常務取締役・取締役各1名の退任、その後任に第12代組合委員長を経て、大阪支店長の桜木高志(西部大卒)と検査部長の吉原昌信(S大卒)の2名を取締役候補に選ぶことが決まった。昇格人事については取締役2名を常務に昇格させることにした。

 笹川を通じて植木頭取との関係修復に成功し、首都圏本部長として留任することが決まった谷本は、もう一つの顔を持っていた。営業本部長から首都圏本部長に更迭された時は、いつ退任を言い渡されても文句を言える立場ではなかったが、この2年に及ぶ雌伏期間中に、山上正代の資金援助により気を許し合う役員たちと懇親を重ね、谷本のためなら一肌脱いでも良いと言う同志を集めることに成功していた。

 その中心となったのは組合幹部出身の取締役4名であった。それに絹田から取締役に任命され植木に距離を置く3名が加わると、過半数を確保できると谷本は読んでいた。谷本は極秘裏に、植木頭取包囲網を構築できるほどの勢力を持つようになっていた。
 植木が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線