メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行」〜第一部 夜明け前(60)     【北山 譲】   

往来2  公開日時:2013-08-30

 

<第五章 谷本次期頭取誕生の軌跡>

協力者たちとの絆(16)

 小池が支店長時代に次長として仕えた堀部正道は本店への出張の折、小池の自宅を訪ねたことがあった。酒を酌み交わしていくうちに、小池がぽつりと呟くように言った。「君も今は県外の支店長でいるからまだ良いかもしれんけど、いずれ県内の支店長に戻るようなことになれば、山上に十分注意したほうがいいよ」と言い、山上について語り出した。

 「自分が小倉支店長の時、山上が保険料ローンを何件か持ち込んできた。業績の良い会社なら少しは目を瞑るが、いずれも業績が悪い会社の保険料ローンであった。資金繰りに厳しい会社に無理やり保険加入させ、掛け金を負担させるのは銀行員としての節度に欠けると思った。またその支払が負担となり倒産した場合、銀行が損失を被ることになる。山上が虎の威を借りるように、谷本頭取の名前を出して取り組みを迫って来たが、自分は取締役として取り上げるわけにはいかないので断った」と語った。小池は自分のプライドもあり、山上のせいで退任に追い込まれたとは言わなかったが、当時小池の退任は、山上の保険を断ったからだとの噂が行内に広まるほど、山上が維新銀行の役員人事にも口出しする存在となっていたのは事実であった。
 数年後小池は肝臓癌を患い市内の病院に入院していたが、堀部が見舞いに訪れたその日の夜、容態が急変し不帰の人となった。
 
 第14代の組合委員長は、谷本と同じS大学出身ではあったが、役員にはなれなかった。しかし先述した副委員長の沢谷が高卒初の取締役となり、書記長の川中隆史も取締役に引き立てられることになる。後の「谷野頭取罷免クーデター」の主役が沢谷であり、川中もそのメンバーの一人であった。
 第15代の三役は全員取締役に任命された。委員長の大神剛は、山上の保険勧誘に協力的であったことや、谷本が首都圏本部長の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線