メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行」〜第一部 夜明け前(55)     【北山 譲】

往来2  公開日時:2013-08-15

 

<第五章 谷本次期頭取誕生の軌跡>

協力者たちとの絆(11)

 谷本が副支店長になった翌年の春、後の「頭取クーデター」に登場する二人の行員が本店営業部に配属されてきた。ちょうど栗野が谷本から依頼を受けて、山上の保険勧誘を始めるほんの少し前であった。
 その一人が栗野の高校・大学とも後輩に当たる川中隆史であった。川中は地元の海峡西高を卒業。現役でS大学に入学し、卒業と同時に維新銀行東部支店に入行したが、1年目に転勤して本店営業部の外国為替係に配属された。
 川中の実家は海峡市の西端にある桜町で割烹「千鳥」を経営していた。桜町は財閥系の三星造船が近くにあり、その造船所の接待に良く利用される料亭であった。店の奥には座敷があり、20名以上が会席できる大広間と、7〜8名が会席できる部屋が4つあり、いつも繁盛していた。
 谷本は総務部次長時代、組合幹部との懇親会にはこの千鳥をよく利用しており、隆史の父親である店主の川中利男と懇意な間柄であった。
 ある日谷本は川中から
 「息子は谷本さんと同じS大学に通っていますが、維新銀行に入れてもらえますか」
 と話しかけられた。
 「絹田頭取もS大学の出身でもあるし、ぜひ息子さんにうちに来るように言ってみたらどうか」
と谷本が勧めたことが縁で、川中は維新銀行に入行した。  

 本店営業部への転勤により、谷本が上司となる奇貨に恵まれることになった川中は、その後、谷本の推薦を受けて組合の書記長となり、維新銀行の幹部への道を歩むことになる。
 一方、川中と高校の同窓であった北野俊弘が京都の私立D大学を卒業し、1年遅れてその年の3月、新入行員として本店営業部の預金係に配属されてきた。翌年、係替えにより預金係から得意先係に異動した北野は、栗野の助言を受けて山上の保険勧誘に積極的に協力し、次第に谷本の信頼を得るようになった… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線