メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

水の一気飲みはダメ…間違えないで、熱中症対策

往来2  公開日時:2013-08-16

 

 気温が上がり、猛暑の日もある夏シーズン。「熱中症に注意」という言葉を見聞きしない日はないはずだ。しかし、その対策については、知られていないことや、誤解も少なくない。間違った対策を行っていると、かえって熱中症や夏バテにつながりやすくなる。あなたの熱中症対策の知識をチェックしてみよう。

 熱中症のピークは毎年7〜8月にかけてだが、梅雨明けの蒸し暑い日など、体がまだ暑さに順応できないときに起こりやすい。今年の夏は平年より早く梅雨が空け、急激に気温が30度を超えるまでに上昇したため、体が順応できず、リスクがより高まっていると考えられる。最も暑い時期を過ぎても、9月頃の残暑で熱中症になる人も少なくない。しばらくは警戒が必要だ。


【 熱中症の起こりやすい環境 】

・気温が高い、湿度が高い

・風が弱い、日差しが強い

・照り返しが強い、輻射熱(※)が強い

・急に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線