メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「ジャンボ」羨ましがらせた「松山」の「急がば回れ」…

往来2  公開日時:2013-08-01

 

対照的な「遼」、どちらが勝つか?

 公の場で、あまり人をほめないプロゴルファーの尾崎将司も、ブログでこうつづっている。

問題は排気量

 「本当に久しぶりの大型新人であり…(石川)遼の時もセンセーショナルなデビューをしたが、残念ながら少し排気量がない。遼が1500CCの車だとすれば、松山はその倍以上あるだろう…私が人生で他人を羨(うらや)ましく思うのは、初めてである」

 尾崎のブログのタイトルは「怪物 松山」。日本のスポーツ界で「怪物」といわれたアスリートは、作新学院時代の江川卓氏以来だろうか。元ヤンキースの松井秀喜氏は高校時代から「怪獣」だった。

 先の全英オープンで6位、全米オープンに続く海外メジャー2戦連続のベスト10入り。松山英樹は日本男子ゴルフ界の“物差し”を変えたといっても過言ではない。海外メジャーでは「予選通過」が評価の基準だったが、「ベスト10入… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線