メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

欧州にも広がるデトロイト破産の波紋

政界往来  公開日時:2013-08-01

 

 デトロイト市の破産は経済的な悲劇であり、都市の衰退の危険に対する警鐘だ。だが、同市の財政破綻には、「モータウン」から遠く離れた債券投資家への教訓も含まれている。

 これが信用リスクの再評価につながり、ことによれば、問題を抱えた他の都市や地域の資金調達コストを上昇させる可能性がある。

 デトロイトの今後の行方次第では、欧州を含め、財政緊縮に関する議論や、地元経済を活性化させるための債務再編の是非を巡る議論を形作ることになるかもしれない。

 こうした効果はどれも、すぐに目に見えるようになるものではない。先週後半のデトロイトの破綻申請は、世界の市場にほとんど波紋を呼ばなかった。現在、投資家にとって最も重要なのは、米連邦準備理事会(FRB)の意図や中国の経済見通しといったマクロ要因だ。

 それと比べると、デトロイトの問題は取るに足りない。デトロイト市の負債総額は180億ド… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線