メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「天下一品」木村社長が山名元衆議を提訴

編集部  公開日時:2013-07-26

 

投資金5000万円の返還を求める“投資詐欺”

 有名ラーメン店「天下一品」の木村勉社長が、公明党の元衆議員を提訴したことが分った。これは木村氏が出資した5000万円の返還を求めたもので、山名氏の“投資詐欺”が、法廷で明らかにされそうだ。


 全国でラーメンチェーン「天下一品」を運営する木村勉社長が、詐欺の被害にあったことを既報した。
 その詐欺話とは、木村氏が古くから知る公明党の元衆議・山名靖英氏から勧誘された投資話で、
「山名は、自分が役員を務める会社と米国の大学が共同開発するLED(発光ダイオード)の国内の権利を1億円で与えると、と持ちかけた。それを信じた木村が5000万円支払ったものの、山名は約束は果していない」(京都在住のジャーナリストU氏)

 結局、木村氏は山名氏に5000万円を詐取されたのだが、このために山名氏は様々な“舞台装置”を用意していた。
 そ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線