メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

中国の金融リスクが増大 IMF年次審査報告書で警告

政界往来  公開日時:2013-07-31

 

 国際通貨基金(IMF)は17日、中国に対する2013年の年次審査報告書を発表し、「影の銀行(シャドーバンキング)」問題などによる金融リスクが増大していると警告した。減速した景気の底割れを避けるため、IMFは不良債権処理や人民元改革を含めた金融システムの整備と近代化を促している。

 IMFは毎年、加盟国に対して、経済の状況や政策について分析し提言する年次審査を行っている。

 報告書でIMF理事会は、中国の成長は依然力強いとしながらも、「金融や財政、不動産の各分野で脆弱(ぜいじゃく)性が増し、成長見通しについて雲行きが怪しくなっている」と懸念。中国はショックに耐え得るだろうが、「防護壁として一段の政策強化に踏み切るのが望ましい」と強調した。

「シャドーバンキング」と呼ばれる銀行などの簿外運用問題の深刻化を受け、中国人民銀行(中央銀行)は先月、資金供給を引き締めたが、金融市場… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線