メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

蚊に刺されやすい人とは

政界往来  公開日時:2013-07-30

 

 蚊の季節がやってきた。屋外で頻繁に過ごしていても蚊が寄ってこない人がいる一方、絶えず攻撃されているように見える人もいる。なぜ特定の人が蚊を引きつけやすいのかを解明するため、さまざまな研究が行われている。そうした研究者の1人、米バンダービルト大学のL・J・ツビーベル教授(生物科学)に話を聞いた。

蚊を寄せつける臭い

 蚊はほ乳類が排出する熱と二酸化炭素を感知して獲物を見つけ出す。妊娠中の女性や体の大きい人が時に蚊に何度も刺されるのは、彼らが平均的な人よりも多くのエネルギーを発散しているためだ。

 蚊は嗅覚も使って獲物をかぎ分ける。「祖母は私が甘い血を持っていると言ったが、そうした事実はない」とツビーベル博士は話す。なぜなら、蚊は血の質を区別できないからだ。「蚊は私たち人間の臭いに引かれているのであり、臭いの元は主に肌の細菌にある」とツビーベル博士。私たちの肌にいる細菌は、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線