メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

有名ラーメン店「天下一品」が5000万円を詐取された詐欺事件

編集部  公開日時:2013-07-10

 

 ラーメン店「天下一品」といえば、ラーメン好きならずとも、この店の名前を耳にしたことがあると思われる。
 創業者である木村勉氏が、1971年に京都の銀閣寺周辺で屋台を開業したのがその始まりで、現在では北海道を除く、日本全国に230店舗を展開(海外では米国ハワイ州のホノルルに1店舗)している大手ラーメンチェーン店だ。
 1981年に運営会社「(株)天下一食品商事」(滋賀県大津市 木村勉代表)を設立、2012年には滋賀県下に自社工場を持つなど業容の拡大を進めている。
 その天下一食品商事・木村勉社長が詐欺にあい、5000万円を騙し取られたという。“加害者”は元公明党の代議士だ。        (敬称略)


 いわゆる“行列のできるラーメン店”天下一品。京都市左京区一乗寺にある、北白川総本店と称される本店(43席)では、1日1000食を売り上げるという。
 天下一品は文字通りの有… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線