メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

不動産株急騰に見える日本株底入れの兆し

政界往来  公開日時:2013-07-15

 

 不動産大手の株価急騰が市場関係者の注目を集めている。28日は大手3社が軒並み5〜7%高と急伸。三菱地所の上昇率はこの2日間で17%に達し、主力株で構成する「TOPIX30」のなかでも突出した上げになっている。三井不動産と住友不動産も15%高と堅調だ。

 不動産株の復活への関心が高いのは、「脱デフレ相場の先頭ランナー」(マネックス証券の広木隆チーフ・ストラテジスト)と目されているからだ。

 大手3社が年初来高値を付けたのは4月5〜12日。日銀の「異次元緩和」直後に真っ先に買われたが、想定外の長期金利の上昇(国債価格の下落)を受けていち早く調整に向かった経緯がある。真っ先に転んだ先頭ランナーが立ち直るかどうかは、日本株が脱デフレシナリオを織り込む上昇軌道に戻れるかを見極める重要ポイントだ。

 底入れ機運を支えているのは都心オフィスの空室率低下など不動産市況の堅調さだ。大和住… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線