メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

米グーグルが気球でネット接続実験・WiFiスポットでの「傍受」

政界往来  公開日時:2013-07-01

 

 気球で世界中をインターネットに接続できるようにすることなど、冗談のように思える。だが、ネット検索最大手の米グーグルは真面目に考えているようだ。それが言い過ぎならば、ほとんど真面目なようなのだ。

 グーグルは14日、同社のブログで、気球によるネット接続実験を開始したことを紹介するとともに、「ばかげた話のように聞こえるかもしれない。だからこそ、我々はこの構想をプロジェクト・ルーン(愚か者)と呼んでいるが、きちんとした科学的な根拠はある」と胸を張った。

 グーグルは有り余る資金を持っており、それを使ってネットで接続できる人を増やし、同社の広告の対象者を増やすことを考えたとしても無理からぬところだ。同社は、世界中でネットに接続できる人とできない人の比率は1対2と推定している。これは平均の数字で、人口密度が低い国ではネットに接続できない人の比率はもっとずっと高くなる。

 グーグル… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線