メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

西武株TOB、サーベラス上限に届かず 保有35%超に

政界往来  公開日時:2013-06-15

 

 米投資会社サーベラスによる西武ホールディングス(HD)へのTOB(株式公開買い付け)が31日終了し、発行済み株式数の3%強の応募があったことが分かった。サーベラスの保有比率は約36%に上昇。株主総会で、経営統合など重要な議案に対する拒否権を持つ3分の1超を確保する。ただ買い付け予定数の上限には届かない。株式上場時期などを巡り膠着状態にある両者の関係に大きな変化はなさそうだ。

■拒否権を確保

 サーベラスは6月1日に結果を公表する。

 西武HDの筆頭株主で32%強を保有する同社は、1株1400円の価格で3月12日からTOBを実施した。保有比率が3分の1を超えたことで、西武HDの経営への影響力は一定程度高まる。この保有比率を握ると、経営統合や合併、定款の変更といった経営の重要事項について株主総会の議案を否決できる。

 一方の西武HDは当初からTOBに反対を表明してきた… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線