メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

信託契約に至るまでの疑惑の数々

編集部  公開日時:2013-05-31

 

財団法人「スポーツ会館」を舞台に“4派閥”が入り乱れての“争奪戦”

 東京都新宿区百人町にある文科省所管の公益財団法人「スポーツ会館」は、1970年に設立された総合スポーツ施設として知られる。ところが同会館は、ここ1、2年“スポーツ”とはほど遠い怪しい人物らが登場して“争奪戦”を繰り広げていたのである。現在、その争いは“一応”おさまった形だが、その経緯がまったく不透明だ。


 千葉市船橋市で「船橋健康センター ゆとろぎの湯」を経営している(株)エムイーホールディングス(以下M社)という会社がある。
 その「ゆとろぎの湯」の周辺では、5月の中旬頃から、連日のように政治結社G塾が、街宣活動を展開していた。 
 拡声器から流れるG塾の主張を聞くと“標的”は、その「ゆとろぎの湯」ではなく、どうやらM社の代表取締役である松平康隆氏だ。
 一体松平氏に何があったのか。そして、松平氏… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線