メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行」…第一部 夜明け前(43)    【北山 譲】

往来2  公開日時:2013-06-30

 

次期頭取誕生までの栄光と挫折(20)
  
 絹田元頭取の長男で、御堂銀行から維新銀行に転身し筆頭専務となっていた絹田優作は厳格な植木頭取と違い、父親の絹田に良く似た温厚な性格をしていることから、絹田頭取時代を懐かしむ役員の間からは、絹田専務を次期頭取として期待する声が上がっていた。
 植木は絹田専務を退任させるタイミングを見計らっていたが、なかなか実行に移せないでいた。絹田専務の処遇如何によっては役員の一部による造反も懸念されたため、筆頭専務のまま留任させていたが、絹田元相談役の死後4年を経過した今がチャンスと判断して、その影響力を完全に断ち切るために、絹田専務を退任させて監査役に回し、絹田頭取に三顧の礼を持って迎えられた谷本を首都圏本部長へ異動する人事を実行した。

 植木の、この人事は、あたかも秀吉が徳川家と姻戚関係にあった北条一族を滅亡させ、家康に江戸城移封を命じた同じよ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線