メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

被害者なき“巨額詐欺”事件の謎

編集部  公開日時:2013-05-21

 

2000億円の資金を巡って日本人実業家台湾当局に逮捕される

 なんとも荒唐無稽な“事件”である。その核心の部分はいくら取材しても分からない。ただ間違いなく言えることは、台湾の銀行にあるというフレ込みの巨額なマネーを巡って、様々な人脈が動き、台湾当局に日本人2人が逮捕されたことだ。


 事件は沖縄に本社を構える日本資源(株)(金城宏幸社長)が、沖縄の埋め立て事業(航空整備事業)を推進するための資金3兆円を調達することが発端だった。
 それにしても、3兆円とは余りにも巨額な金額だが、これはPFI(民間資本主義)方式で、資金集めをする計画だった。
 それで同社のオーナー兼会長の兵頭隆氏が、知り合いのコンサルタント会社を経営する八木泰治氏に相談を持ちかけた。八木氏は海外に莫大な資金を保有している、と聞いていたからだ。これに対して八木氏は、
「HSBC香港(以下HSBC)台湾支店… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線