メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

佐賀の「TSUTAYA図書館」、好調に広がる波紋

政界往来  公開日時:2013-05-31

 

 佐賀県武雄市が、「サービス向上」を掲げて今春オープンした民間企業運営の図書館が注目を集めている。カフェや書店の併設などが話題を呼び、来館者は前年の5倍に急伸。近隣の書店などは「客を奪われる」と悲鳴を上げ、運営方法を巡る批判もくすぶる。思い切った民間委託は、財政難に苦しむ全国の公立図書館の改革モデルになるのか――。

 武雄市中心部に近い緑に囲まれた高台に向かうと、武雄市図書館の茶色いモダンな建物が目に飛び込んでくる。入り口近くにはDVDレンタルの「TSUTAYA」、新刊書の「蔦屋書店」、スターバックスコーヒー。20万冊以上の蔵書が並ぶ館内の閲覧用の机は、飲み物片手に本を読む人々でほぼ満席だ。

 同市の高校2年、樋口美咲さん(16)は「おしゃれな図書館が地元にできてうれしい。ただ、週末は人が多くて学習席を確保できない」と苦笑する。

 市は昨年5月、TSUTAYAを展開するカ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線