メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

やしきたかじん、再休養……どこも報じられない“本当の病状”とは

政界往来  公開日時:2013-05-30

 

 食道がんの治療から今年3月に復帰したものの、今月上旬から体調を崩していた“関西の大物司会者”やしきたかじんが、無期限休養することが8日、明らかになった。疲労などで体力が低下したため、休養に専念する。

 所属事務所は「主治医による検査診断の結果、疲労による食欲不振や睡眠不足などから起こる体力の低下がみられ、しばらくの間休養を要するとの指示が出ました。苦渋の選択ではありましたが、本人も今は大事をとって休養に専念する所存でおります」と報告。今後については「主治医とも相談しながら改めてご報告させていただきます」として、復帰時期は未定という。

 対応に追われたのは在阪のテレビ局だ。関西テレビ『たかじん胸いっぱい』の収録後、体調不良を訴え、3・4日の別番組収録をキャンセル。10日収録の読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』は、同番組副委員長でフリーキャスターの辛坊治郎氏が司会を務め… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線