メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

再び動き出した“伝説の地面師”橘田幸俊【5】

編集部  公開日時:2013-05-16

 

“健在なり”橘田幸俊の「大物籠落」の手口

東急不動産・金指社長との尋常ならぬ関係

 これまで、次から次と大物経済人を“手の内”に入れてきた橘田幸俊。いま新しい“大物”に急接近している。             (敬称略)


■「太平洋クラブ」を舞台にした東急不動産の“犯罪的行為”

 名門ゴルフ場として知られる「太平洋クラブ」が、東京地裁に民事再生を申し立てたのは、昨年の1月のことだった。
 この突然の倒産劇には、預託会員(約13500人)ならずとも“疑問”と“怒り”をもって、受け止められた。
「会員はもちろんですが、同クラブは住友銀行(現・三井住友銀行)グループのゴルフ場だ、と世間も認識していた。
 ところが民事再生手続きの過程で、同銀行は06年にすでに撤退していたことが分かったのです。それについては会員には何も知らせていなかった。そして、その後、同クラブは… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線