メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

中国人は北朝鮮をこんなふうにみている…「孔子は実は韓国人」などと言う韓国人に“ウンザリ”

政界往来  公開日時:2013-05-30

 

【留学生が見たリアル中国】

 私が留学している北京の大学は、驚くほど韓国人学生が多い。彼らはよく同胞同士で集まり、韓国語で会話しているので「ここって韓国の大学?」と錯覚してしまうこともある。その数なんと約千人。留学生全体のほぼ半数を占め、日本人の約4倍だ。中韓の親密度合いが増す半面、北朝鮮には「興味ない」と言い放つ中国の若者たち。しかし、「北を捨てて韓国を選ぶのか」といえば…。

韓国人留学生が多いワケ

 彼らのお気に入りは、大学名が入った特製スタジャン。中国人学生はあまり着ないので、すぐに見分けがつく。

 海外の大学に通う韓国人学生たちの、並々ならぬ“母校愛”とプライドを感じるのだが、それには理由がある。1年や半年間の短期留学ではなく、4年間みっちり勉強して学位を得る学部生が多いのだ。

 中国高等教育学会のホームページによると、昨年の中国への外国人留学生は32… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線