メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

米国で地ビールの需要が急拡大、背景に行政改革

政界往来  公開日時:2013-05-30

 

規制緩和で売り上げが17%増、輸出は72%増に

 今の米国を知るうえで興味深い数字がある。

 昨年の米国産「地ビール(クラフトビール)」の売り上げが前年比で17%も増加しているのだ。国外への輸出量に限ってみると72%も増えている。

ビール販売が低迷するなか、活況の地ビール

 別に米ビール業界の詳細を特筆するのが本稿の趣旨ではない。ただ過去5年のビール業界の業績を眺めると、日米両国ともにほぼ横ばいか減少傾向にある中、地ビールだけが突出して勢いに乗っている。

 米国産の地ビールだけがなぜ売れているのか。その背景を探ると米国社会の現状が見えてくる。端的に述べると、各州で実施されている行政改革の成果が出てきたということである。

 もちろん地ビールの売り上げ増の一因として、リーマン・ショックから復調してきた米国経済も指摘すべきだ。米国ではこれまで、ビールの売り上げ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線