メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

ボストン爆破事件の容疑者を拘束 兄弟の素顔―米社会に溶け込めず

政界往来  公開日時:2013-04-21

 

住宅の庭のボートに身を隠す

米当局は19日夜、ボストンマラソンの会場で発生した連続爆破事件の容疑者2人のうち、逃走を続けていたジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)を拘束した。


当局によると、警察と連邦捜査局(FBI)の捜査官が午後7時ごろ、ウォータータウンのある住宅に集結した。ジョハル容疑者はこの住宅の庭にあったボートの中で血まみれで身をひそめていたところを住人に発見された。同容疑者は警察と撃ち合いになったが、約2時間後に身柄を拘束された。

警察はジョハル容疑者が19日未明の警察との銃撃戦で負傷したと述べた。身柄確保の際の撃ち合いでさらに負傷したかどうかは分からない。

ボストン警察は簡易ブログ「ツイッター」で「身柄確保。捜索終了。テロは終わった」と伝えた。

ジョハル容疑者は病院に搬送されたが、重体だという。ジョハル容疑者の兄で連続爆破事件のもう1人の容疑者のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)は未明の銃撃戦後に死亡した。

15日のボストン連続爆破事件では、3人が死亡、175人以上が負傷した。

ジョハル容疑者の身柄が拘束されると、地域住民から歓声が上がった。同容疑者を連行する警察車両が通り過ぎると、一人の警官がメガホンを使って「アメリカに神のご加護がありますように」と言った。

オバマ大統領はジョハル容疑者身柄拘束が発表されると、「この悲劇の重要な一章が終わった」と述べた。

容疑者2人の動機は明らかになっていない。容疑者の家族はロシアのチェチェン共和国の出身。当局によると、兄弟が何らかの組織に属していた様子はないという。

米政府高官は19日、FBIが2011年にロシア政府の要請を受けて、タメルラン容疑者と面談していたことを明らかにした。しかし、当時、疑わしいところは何もなかったという。

… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線