メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

再び動き出した“伝説の地面師”橘田幸俊【4】

編集部  公開日時:2013-04-19

 

広島市の宗教法人・慈学院「太光寺」

鹿島建設に続く橘田の新しい“標的”1部上場会社が浮上

 この男の取材を続けていると“七転び八起き”という言葉が頭をよぎる。言葉を換えると、シーソーのように浮き沈みの半生だ。必ず生き延びて“復活”するのだから、凄いといえばスゴイ。がしかし、この男の通った後は死屍累々で、そこには常にアングラマネーがうごめいている。
 伝説に彩られている男、その名は橘田幸俊――。    (文中敬称略)


 広島市西区に宗教法人・慈学院「太光寺」という天台宗系の寺院がある。この宗教法人・慈学院の謄本を見ると興味を引く2人の名前が記述されている。
 代表役員の房園博行と同じく代表役員・橘田幸俊だ。房園は「アーバン・コーポレーション」の元代表であり、橘田も同社の相談役だったこともあるが、言うまでもなく“あの人”である。
 都内1等地の数々の地上げを巡って、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線